オリジナル小説

⑩私の小説紹介!『虐げられた少女は愛を歌ってドラゴンの番になる。』

 

べにです!

⑩作品目ですね!

『虐げられた少女は愛を歌ってドラゴンの番になる。』

https://novelup.plus/story/207693215

今回のお話は、ノベプラにしか載せてません。

のちのち、なろうの方に載せるかもしれません。

よかったら覗いてみてください。まだ五話分しか更新していないので30分くらいで読み終えると思います!

あらすじ。

 

 美愛(ミエ)は、虐げられていた。継母と異母妹と、無関心な父によって。
長年虐げられて、美愛は笑うことも、泣くことさえもなくなり、人形のようになっていた。
ある日、異母妹に『愛の歌』を歌えと命じられる。逆らうことなく、ただ歌う。
すると、現れたのは、炎の支配者であるドラゴンだった。
「俺への愛を歌うのは、そなたか?」
ドラゴンは、美愛を連れ去るのだった。

愛を歌うことで、運命の人に会える。和風ファンタジー世界観。

ドラゴンが迎えに来たら、圧巻だろうな……なんてシーンから思いついて書き始めた作品となっています。

主人公・美愛(ミエ)

家族に虐げられた少女、美愛が主人公です。

ろくに食事も与えられていなくて、温かいお風呂にも入ったことがないくらい酷い環境で、息絶えることを待つしかなかった。

魔法が存在するのに、学ぶ機会も与えてもらえなかったため、まだ使えません。

亡き母親は、黒髪美人だったという。

とても自己評価が低いです。

 

『愛の歌』

人間が人間の伴侶と出逢うために生み出された魔法だと言われています。

何故かドラゴンである紅牙の元に、美愛の歌が届きました。

 

ドラゴンの紅牙視点を挟んで、切なくを目指して描きました。

 

ドラゴンの紅牙。

実は、数年前にも美愛は『愛の歌』を祈るように歌っていて、それが紅牙に届いていました。

紅牙は、ずっと気にしていました。

しかし、独り身が長いせいか、とても美愛に不器用に接してしまいます。

竜王と崇められているドラゴンだが、美愛に何もしてやれないことを気にしていました。

不器用ながらも、これから美愛を愛してやりたいと思っています。

 

優しさ。

ドラゴンの紅牙はまだまだ不器用ですが、

紅牙に仕える妖達は、優しさを注ぎます。

猫又の藍太丸、世話好きの花の三姉妹。

虐げられた以上に、優しさが注がれるといいな、と思ってます。

 

実はその日、美愛の誕生日です。

温かい場所にいられて、心から喜ぶ美愛。

 

物語はそこで止まっていますが、ぜひ覗いてみてください!

『虐げられた少女は愛を歌ってドラゴンの番となる。』

 

では、ちゃおちゃお!

ABOUT ME
mitukibeni
三月べにです。 埼玉在住。 二十代女子。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA