オリジナル小説

『硝子玉の向こう』紹介!

 

べにです!

紹介しますね。

道路に落ちたビー玉があまりにも綺麗だったから、書きましたお話です。

『硝子玉の向こう』

https://ncode.syosetu.com/n5558ck/

こちらも、なろうに載せています。

あらすじ。

 

冬の三日月の晩。まるで箱の中にいるように、世界が遠くに感じて、酷く寂しい人生と思っていた私を、”彼”は見付けてくれた。夜空に浮かぶ月のように淡く光る藍色の瞳は、まるで硝子玉のよう。私はきっと、硝子玉の向こう側を探していた。
――――”彼”が人でなくても構わない。泡沫の一時、そばにいられればいい――――
序章+3話完結。

 

ちょっと不思議な体験をする話に、留まらなかったです。

なんだか人間らしかぬ雰囲気の人に会ってみたいな、なんて。

吸血鬼好きな私の願望かもしれませんね。

たまたま会って、惹かれて、そのまま添い遂げるような関係には憧れます。

 

ハッピーエンドなので、よかったら覗いてください!

 

ちゃおちゃお!

ABOUT ME
mitukibeni
三月べにです。 埼玉在住。 二十代女子。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA