オリジナル小説

『令嬢はまったりをご所望。』一巻について!

 

べにです!

こちらも、発売中の『令嬢はまったりをご所望。』その一巻!

https://www.alphapolis.co.jp/book/detail/1044421/4410

あらすじ。

とある小説の世界に、悪役令嬢として転生したローニャ。近い将来、彼女は婚約破棄され、表舞台から追放される運命にある。思い返せば、前世も苦しいばかりの毎日だった。仕事に追われ、時間に追われ、過労により命を落としたのだ。だけど、これからはもっとゆっくり過ごしたい! そこでローニャは、夢のまったりライフを送ることを決意。ロトと呼ばれるちび妖精達の力を借りつつ、田舎街で喫茶店を開店したところ……ひょんなことから、獣人達が常連になってしまった!? 獅子や狼等によく似た彼らは、もふもふしていて、とても個性的。そしてどうやら人々から恐れられているらしく――?

元婚約者達は一先ず置いといて、

ヒロイン・ローニャちゃんの念願のまったりライフを描く一巻となっています!

こちらは短編から書き始めて、ちょっとヒットしたこともあり、読者の方々に背を押されて連載版を書き上げたという経緯があります。

書籍化も早い段階で視野に入れて、書き始めたのですが……

自由に書きすぎて、一巻分! と決めていたところまで入らないと気付いたのでした(笑)

仕方なく、キリがいいところで終わらせられるように新たなシーンを入れさせて一巻を完成させました! ちょっと前回の『漆黒鴉学園①』よりも、成長した気がしましたね。

『漆黒鴉学園』一巻について!べにです! 記念すべき第一号な私の書籍化作品『漆黒鴉学園』 https://www.alphapolis.co.jp/boo...

私は計画通りに書くことが苦手でして、でも適当に箇条書きをして道しるべを書き留めて、それをプロットと呼んでいます。たまにプロットを立てずに、書いては、どこに進めばいいかわからず迷子になることもあります。ただし、道しるべであるプロットを書いても迷子になることはあります……

どうしたらいいのでしょうか。(え。)

だから、ちゃんと計画通りに文字数もぴったりと目的地に辿り着ける作家さんには憧れますね。

元悪役令嬢・ローニャ。

まったりしたい。その前世からの願いを持ったまま生まれたせいで、令嬢生活がきつく感じていたローニャ。それ以前に、家族は無理を強いるような厳しい人々でした。

逃げることも考えたローニャでしたが、将来婚約破棄をするシュナイダーに恋をしてしまい、愛を信じて令嬢生活を耐えていました。

しかし、シナリオ通りの結末があったのでした。

心機一転、ローニャは家族も元婚約者も知らぬ場所へ!

そこにいたのは、もふもふの傭兵団!

もふもふの獣人傭兵団。

 

ボスのシゼは、黒い獅子。

セナは、緑のジャッカル。

リュセは、純白のチーター。

チセは、青い狼。

セがついているのは、村の流行りだったという設定です……

 

もふもふ好きにはたまらない、獣寄りの人の姿です!

書籍化の際に少し設定を変えまして、

獣寄りの獣人の姿、獣の耳や尻尾をつけた人の姿、人の姿、

の三種類の姿に変更可能になりました!

人の姿もイケメンですが、獣人の姿もなかなかですよ!

美麗な挿絵を描いていただいたので、どうぞ確認してくださいませ!!

蓮華の妖精・ロト。

 

ローニャは喫茶店を経営することになるのですが、そこでお手伝いをする妖精さんが、実はもふもふ並みに人気です!

直前まで考えていなかったのですが、思い付きで登場させてよかったと心から思っています。ファンタジー世界に、妖精はつきものですものね!

プリティーな妖精ロトは、また大好きなイタリア語の『蓮』から名付けていただきました。ロートを短くして、ロトです。

幻獣・ラクレイン。

 

ラーク、クレイン。を合わせて、ラクレインと名付けました。

鳥と獣の幻獣。人嫌いですが、ローニャを好いています。

担当していただいているイラストレーター様が描いたラクレイン、素晴らしいですよね! こちらも、どうぞ挿絵を確認してくださいませ!

初めて見せていただいた時、素敵すぎて推せました……! 私には描けない美麗な幻獣に仕上げてもらえました。ありがとうございます。

以上。『令嬢はまったりをご所望。』一巻の話でした!

https://www.alphapolis.co.jp/book/detail/1044421/4410

まだの方は、ぜひ読んでみてくださいませ!

 

では、ちゃおちゃお!

ABOUT ME
mitukibeni
三月べにです。 埼玉在住。 二十代女子。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA